浴衣2016

水着を毎年新調するように、浴衣も毎年新調する女の子が増えているそうです。
浴衣は着物の分類の中では家庭着の中に入ります。

ということで、浴衣もきものです。
一番身近に楽しめるきものである浴衣をたくさんの方に楽しんで頂きたいと思っています。

毎年、新しい浴衣が続々と登場しますね。2016年の流行浴衣はどんな感じ?ということで、2016年流行り浴衣のトレンドについても書いていこうと思います。

トレンドはこの4つ。 古典、レトロ、はんなり、粋
それぞれの柄については、記事の後半に書かせて頂きました。

スポンサーリンク

浴衣の素材

ここ数年、浴衣がずいぶん変わってきました。一番の変化だと感じるのが、浴衣の素材です。本来浴衣は、家庭着で、部屋着で、夕方湯あがりに着たものですから、木綿で藍染のものでした。木綿素材という点では、大幅に変化はありませんが、プラスαで、例えばラメ素材が使われていたり、レースの装飾がついていたりとかしていて、女の子にとってはワクワクする素材は増えています。今や浴衣は、水着と並ぶ夏のファッションアイテムになっています。

せっかくの浴衣です。最初の一枚は自分らしいものをお勧めしますが、最初の一枚を、もうもっているのなら、2枚目は、今までとはちょっと違う雰囲気に挑戦してみてはいかがでしょう?お洋服ならためらうイメチェンも、浴衣を着る時点でもうすでにイメージチェンジなんですから、ガラッと印象を変えてみるにはもってこいのアイテムです。

浴衣と帯を選んだら、忘れてはいけないのが浴衣小物です。下駄、帯飾り、髪飾り、かごバックも浴衣にあったものをチョイスすれば、おしゃれ度は格段にアップします。他の人と差をつける、自分らしさを表に出す、そんな時には帯飾りを一つプラスするだけで、一歩先行く人になれます。

おしゃれな扇子を持ってみる、ハンカチを和柄にする、そんな小さなことも浴衣姿の完成度を引き立てます。

町中が浴衣であふれてるのっていいなーと思います。浴衣で歩いてる人を見ると、ついつい顔がほころんじゃいます。もっともっとみんなに浴衣を着てほしいな。街中が浴衣であふれたらなんて素敵なことでしょうって思うんです。

2016年流行り浴衣のトレンド

古典浴衣について。 古典柄は、昔によく使われた柄のことです、伝統柄とも言われます。少し専門的な言葉を使えば、有職文様です。

レトロ浴衣について。 レトロ柄は、ちょっと懐かしい古風な柄がおしゃれに見える大人の風合い漂うデザインです。

はんなり浴衣
について。 はんなり柄は、華やかで上品。『はんなり』というのは京都の言葉で、華やかでありながら気取りがなく、上品さと気品を兼ね備えている様を言いますが、浴衣の柄で言えば洋服感覚で着られる柄ですね。朝顔柄、椿柄もあります。

粋な浴衣について。 粋な柄は、カッコイイ印象です、ハンサム柄とも言えます。質・態度・身形などがさっぱりと垢抜けていて、色気があることを粋といいます。洗練された大人の印象といったところでしょうか。

浴衣の柄については、ショップのホームページ等を参考にすると良いでしょう。柄ごとにチェックできるようになっているので、好みの柄を探せます。

最初にも書いたように女子の中には、水着と浴衣は毎年買い買える、なんて子も少なくありません。着物に比べると浴衣はリーズナブルです。何枚か持っていれば、花火デートや夏祭りデートの度に違う浴衣が着れますよね。オシャレ好きな女の子には浴衣はマストアイテムとなっています。

今年の夏も、どうぞ浴衣を楽しんで下さいませ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする